w2d’s blog

小学生の息子と子育てのことを書いています。

鉛筆の持ち方

鉛筆の持ち方を矯正するために、苦労しています。

 

箸の持ち方は、ずっとエジソンのお箸を使ったの上手に使えています。

 

鉛筆の持ち方は、幼稚園ではクレヨンを使っていたため矯正具をつけるわけにもいかず、変な癖がついてしまいました。

 

家で使うときには指摘しているのですが、あまりしつこくし過ぎてもイライラしてしてしまいます。

矯正のために、いくつか試してみたので紹介します。

 

 まずは、トンボの”もちかたくん”です。

 普段は筆箱に入れている鉛筆に、いちいち付け替えるのが面倒です。

また、標準タイプを装着した時にうまく持てませんでした。

説明書通りに持ってみても、正しい持ち方にならないので却下しました。

 

 

つぎに試したのが、くもんの”こどもえんぴつ”です。 

こどもえんぴつ2B

こどもえんぴつ2B

 

 これは、断面が三角でやや太めなので自然に正しい持ち方になります。

難点は、専用の鉛筆削りが必要なのと、学校で使っている筆箱に入らないことです。

うちの子どもは筆圧が強いので、2Bを使っています。

 

とりあえず、自宅学習ではこれを使うようにしています。