読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

w2d’s blog

小学生の息子と子育てのことを書いています。

プログラミングの学習

学習方法を、iPad + アプリにしたもう一つの理由に「ScratchJr」をさせてみたかったというのがあります。

「ScratchJr」は、キッズ(5歳〜7歳)のプログラミング学習アプリです。

アプリの紹介は英語ですが、アプリ内に文字はほどんどなく、英語が全くできなくても問題ありません。

 

アプリ自体は無料ですが、解説本を買って、解説を見ながら遊んでいます。

本格的にというか使いこなせるようになるには、この本はあったほうがいいです。 

プログラミングに知識がまったくなくても、本の物語にそって遊ぶだけでだいたいのことが出来るようになります。

 

最初、子どもは全く興味を示してくれませんでしたが、いろいろ作って見せると徐々に興味を持つようになりました。

覚えることも少ないので、一通りの使い方を教えるとすぐに自分で出来るようになりました。 

 

プログラミングといっても、条件分岐など複雑なことはできません。

ゲームであれば、方向キーを押した方向にキャラクターが進みますが、これはキャラクターを進ませるには、プログラミングが必要です。

ゲームと違って直感的ではないので、すぐには面白さの実感が湧きません。

が、「自分で作ったものを動かすという」興味を与えるキッカケにはなりそうです。

 

プログラミングにはスキルではなく、「何が作りたいか」という発想がまず必要だと感じます。

出来ることが分かっていても、やりたいことが想像できなければ面白さを感じることができず、次のステップに進めません。

 

今はそんな状態です。